防ぐのが難しい音のトラブル|防音対策で自分も周りも安心

メンズ

音楽を趣味にするのなら

部屋

音楽鑑賞や楽器演奏を趣味や仕事にするのなら、自宅に防音室を導入することが欠かせません。これはもちろん、騒音問題はご近所トラブルの原因になってしまうためです。防音室はサイズ感や遮音性能が多岐に渡るラインナップで揃えられているため、目的や用途に合わせて、最適な選択をしやすくなっています。

詳細

練習を心置きなく

ウーマン

上手にドラムを叩くことができるようになるためには練習が必要です。音が漏れ周りの人に迷惑がかからないように注意することが大切です。防音対策をするか、音が出ないドラムを使用すると、安心して長く練習でき、上達することができます。

詳細

業者の選び方には注意

インテリア

防音工事は業者選びが重要です。大幅な値引きをしてくる業者や飛び込み営業の業者は注意しなければなりません。防音工事を行うと、引っ越さなくても快適な生活が手にはいるため人気です。自力での工事よりはるかに効果が高いのも人気の理由です。

詳細

いろいろな工法

女性

簡単にできるものも

ピアノなどの楽器を自宅において演奏をするときにどうしても気になるものの1つが音です。大きな音が周囲に漏れてしまうと問題になりますし、周辺にも影響を与える可能性があります。そこで、上手に行いたいのが防音工事です。防音工事となると非常にお金がかかるようなイメージがありますが、やり方によっては比較的安価に工事をすることができるようなものもあります。しかし、安価な工事の場合には完全に音を遮断するまでの効果がない特徴もありますので、事前にどの程度の防音工事をすることができるのかは確認をする必要があります。高額な金額をかければかけるほど、音漏れを少なくすることができる工事をすることができる特徴があります。

最初から

防音工事の場合、後から工事を行ってしまうとどうしても音の遮断をすることができる量が少なくなってしまいますし、工事をしたということがはっきりとわかってしまうようなやり方になってしまいます。そこで、できれば住宅を建設する段階から音楽をする可能性があるのであれば防音工事をしてしまうのがよいです。特にピアノの設置を考えている場合には防音だけでなく、床がピアノの重量に耐えることができるように工事をしなければいけないこともあります。建築の段階で防音を意識したような造りにしておけば、吸音材などを壁の中に入れてしまうこともできるので目立たないようにすることができます。早めに計画をしておくことが上手に工事をするポイントです。