練習を心置きなく|防ぐのが難しい音のトラブル|防音対策で自分も周りも安心

防ぐのが難しい音のトラブル|防音対策で自分も周りも安心

男性

練習を心置きなく

ウーマン

安心して練習できる

音楽が好きでドラムが好きな方は、ドラムを練習したいと感じるのではないでしょうか。初歩の方だと、家でスティックを持ち、机などを叩くと、ドラムの練習になります。しかし意外と音が響くことに気が付かないかもしれません。ドラム本体を叩くわけではないから大丈夫と感じるかもしれませんが、結構音がします。また振動もあり、気になります。マンションだと下の家に音が響くかもしれません。机の下などにタオルなどをひいても気になってしまうかもしれません。大丈夫だろうとほっておかないで、一言ご挨拶をしておくと安心できます。練習も時間を決めて、夜遅くには行わないようにすることが大切です。適切な時間に練習をしておくと苦情もでないはずです。安心して練習ができます。

音が漏れること

本格的にドラムを始めたいのであれば、スクールで練習することになりますが、家でも練習をするとかなり音が出るため、注意する必要があります。部屋を防音の部屋にするか、音が出ないようなドラムを購入することをお勧めします。防音の部屋については、部屋全体を防音しなくてもボックスを部屋に作ってもらい、ボックスの中だけ防音できるようにしておくと安心できます。音が出ないドラムは、自分だけ音を聞くことができるように調節することが可能です。しっかりと長く練習するためには、他の方に迷惑がかからないように気を付けることが大切です。ドラムを叩いてみて音が漏れて迷惑をかけていないかチェックしてみることが大切です。長く練習ができ、早く上手になることができます。